アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「戦争」のブログ記事

みんなの「戦争」ブログ

タイトル 日 時
どうこじつけてでも日本が全面的に悪いことにしたい
どうこじつけてでも日本が全面的に悪いことにしたい asahi.com より全文引用 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/03/09 21:49
嘘をついてばれたら無視 〜新聞〜
嘘をついてばれたら無視 〜新聞〜 8月27日付け産経新聞 「渡嘉敷島の集団自決 「大尉は自ら十字架背負った」」 http://www.sankei.co.jp/news/060827/sha047.htm ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

2006/08/29 17:20
一番中立なのはNHK位になってしまったのか・・・・
一番中立なのはNHK位になってしまったのか・・・・ かなり左寄りになったりするときもあるが、中立を保って頂きたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/20 18:22
「靖国参拝=侵略戦争」「軍備を持たない=平和」という思考停止
「靖国参拝=侵略戦争」「軍備を持たない=平和」という思考停止 平和というものは、願ってさえいればやってくるものだと思っているのだろうか。 平和を願えば、誰も侵略してこないとでも思っているのだろうか。 平和というものは、他からの干渉を撥ね退ける強い意志を持って維持するものだが、その源は軍備である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2006/08/20 18:05
靖国を考える
靖国を考える 「国のために」と戦って死んでいった者たちに対し、その国の首相が感謝と哀悼の意を表明することの何がおかしいのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 17 / コメント 1

2006/08/15 13:11
戦犯だと人権派弁護士は弁護しないのかね
戦犯だと人権派弁護士は弁護しないのかね 社会通念上唾棄すべき犯罪者も懸命に弁護して死刑から救う「人権派弁護士」は、戦犯を弁護しないのかね? 「人権派弁護士」という輩はすべて左巻きの馬鹿だと解釈しているので、このようなことを言うのだが、社会のクズを助命するのは法律の厳格な解釈を求めた結果にすぎないと言うのが言い分ならば、新たに作成された法律を遡って適用したり、偏見を持った者達によって裁かれたことに対し、きちんと同じ尺度をもって異議を唱えるべきでは無いのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/08/15 12:09
靖国参拝−小泉唯一の正しい行動
靖国参拝−小泉唯一の正しい行動 小泉総理は、口先だけで実を伴わず、論点のすり替えや強弁に始終することから全く評価しない。 だが、靖国神社を敗戦記念日に内閣総理大臣として参拝するということについてのみ、正しい行動であると私は考える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 2

2006/08/15 10:11
朝日新聞の中国侵略
朝日新聞の中国侵略 「20世紀メディア研究所」 山本武利教授の研究誌『インテリジェンス』での記事 http://www.waseda.jp/prj-m20th/magazine/magazine4/asahi.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/08/14 18:06
「天皇や新聞の責任」朝日新聞社説
「天皇や新聞の責任」朝日新聞社説 「侵略」と「責任」見据えて 親子で戦争を考える ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/08/14 17:36
戦没者の追悼
戦没者の追悼 まず私の考えを述べる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2006/08/04 10:40
戦犯分祀は無反省な国民の甘え
戦犯分祀は無反省な国民の甘え 戦没者から戦犯を外すということは、一部のスケープゴートを作れば他は全て許されるという甘えを感じる。 国民の殆どが加担したという事実を「無かったことにする」のが目的としか思えない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2006/08/04 10:38
トク落ち 他の主要新聞には載っているのに
さすがは朝日新聞。 他の主要紙(読売・毎日・産経)が中国の国防費(軍事費)が、14.7%増の4兆円余になることが報じられているが、朝日新聞様は全く無視。 また、日本の国防費には在日米軍への援助、自衛隊員の給与、退職金、退職年金といったものが含まれていることで、世界第7位になっているが、中国は安い人件費と、航空機・ミサイルといったものの調達費が科学技術費扱いとして別にあることなどから、他国ではだれも信用していない。 これらのことを一切報じないのは何が原因なのか? 何度も言うが、どれだけの重... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/23 17:59
3月10日 東京大空襲
1945年3月10日 疎開していた人々が多数居たとはいえ、女性・子供・老人が殆どで、戦闘要員など都内には殆ど居ないにも関わらず、アメリカは都市に対する無差別攻撃を行った。 日本軍は制空権を失い、高射砲の射程外を悠々と飛ぶB-29を殆ど撃ち落すことも出来なかった。 ただ、非戦闘員に対する虐殺を歯噛みしながら見るしかなかった。 ドイツのドレスデンに対する空爆の比ではない。 爆破したのではない。焼き尽くしたのだ。 非戦闘員が殆どであること、木造の建物が多いこと、それらを十分承知で、いや、だ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/03/09 21:20

トップへ | みんなの「戦争」ブログ

猫の遠吠え(2nd) 戦争のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる