猫の遠吠え(2nd)

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本を曲げたのはお前たちのペンだ

<<   作成日時 : 2006/08/04 11:42   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

小泉も自民党(もちろん公明党も)全く支持していないが、
朝日新聞があまりにもおかしいので・・・・・・・・

8月3日付け朝日新聞社説からの引用


そのなかで「私の靖国参拝を批判しているマスコミや有識者、一部の国」に、こう反論している。「戦没者に対して、敬意と感謝の気持ちを表すことはよいことなのか、悪いことなのか」

 悪いなどとは言っていない。私たちを含め、首相の靖国参拝に反対、あるいは慎重な考えを持つ人々を、あたかも戦没者の追悼そのものに反対するかのようにすり替えるのはやめてもらいたい。


なぜ首相が靖国神社に参拝してはならないのかを、
きちんと説明出来ずに何を言い出すのか。
朝日新聞の主張を読んでも、韓国と中国の現政府の御用聞きが、ご主人様が嫌がっておりますのでと言っているとしか読めない。


首相はこうも述べている。「私を批判するマスコミや識者の意見を突き詰めていくと、中国が反対しているから靖国参拝はやめた方がいい、中国の嫌がることはしない方がいいということになる」

 これもはなはだしい曲解である。


靖国に関する話題の度に、「中国や韓国からの反発が云々」と言うのをきっぱりとやめ、
他国がどう思おうと、自分たちはこうすべきだと堂々と主張しろ。
散々引き合いに出しておいて、曲解だというのは全く筋が通らない。


 日本がかつて侵略し、植民地支配した中国や韓国がA級戦犯を合祀(ごうし)した靖国神社への首相の参拝に反発している。その思いにどう応えるかは、靖国問題を考えるうえで欠かすことのできない視点だ。

 ただ、それは私たちが参拝に反対する理由のひとつに過ぎない。首相の論法はそれを無理やり中国に限定し、「中国なにするものぞ」という人々の気分と結びつけようとする。偏狭なナショナリズムをあおるかのような言動は、一国の首相として何よりも避けるべきことだ。


常に日本は中国や韓国と対等に付き合っていこうという主張をし、
それぞれの国や国民で色々な考えを持っていることをきちんと理解しながら、
将来に渡っても良き隣人であろうとする努力をしているならば、
理解も出来る。

しかし、普段から
「生意気なことを言っているから、わたくしめが文句を言っておきました」
と尻尾を振りながら卑屈にその靴を舐めて廻るような行為をしている者が言っても、
全く説得力が無い。


 戦争の過ちと責任を認め、その過去と決別することが、戦後日本の再出発の原点だ。国を代表する首相の靖国参拝は、その原点を揺るがせてしまう。だから、私たちは反対しているのである。


だから、靖国参拝がどうして原点を揺るがせてしまうというのだ!


昭和天皇がA級戦犯の合祀に不快感を抱き、それが原因で参拝をやめたという側近の記録が明らかになった。国民統合の象徴として、自らの行動の重みを考えてのことだったのだろう。もとより中国などが反発する前の決断だった。


散々今まで不敬を繰り返しながら、今になってなぜ持ち上げる?
例の富田メモが本当に昭和天皇の発言をメモしたものだとしても、
(A級戦犯の全てが不快だとは書かれていない)
(戦犯の子孫の証言と食い違いがあることを含めて検証されていない)
戦後になって昭和天皇が戦争の責任者であると糾弾した新聞社が何を言うか。

中国が反発するようになったのは、朝日新聞が日本を貶めるキャンペーンを始めて、それを聞いた中国側の反応を掬ってはまた増幅してそれを垂れ流しと繰り返した結果ではないか。
いい加減マッチポンプはやめてくれ。

なお、戦没者追悼についての私の意見は以下にて述べている。
戦犯分祀は無反省な国民の甘え
戦没者の追悼



画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
maps 1
Well, I just wanted to sign a blog on the first time in my life ...続きを見る
maps 1
2007/05/23 01:54
World Of Warcraft - Is grinding a decent way to le...
Well, I just wanted to sign a blog on the first time in my life ...続きを見る
World Of Warcraft - ...
2007/07/31 21:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本を曲げたのはお前たちのペンだ 猫の遠吠え(2nd)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる