猫の遠吠え(2nd)

アクセスカウンタ

zoom RSS アジア諸国一覧

<<   作成日時 : 2006/08/31 14:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

アゼルバイジャン
アフガニスタン
アラブ首長国連邦
アルメニア
イエメン
イスラエル
イラク
イラン
インド
インドネシア
ウズベキスタン
オマーン
カザフスタン
カタール
カンボジア
キルギス
クウェート
グルジア
サウジアラビア
シリア
シンガポール
スリランカ
タイ
タジキスタン
トルクメニスタン
トルコ
ネパール
バーレーン
パキスタン
バングラデシュ
フィリピン
ブータン
ブルネイ
ベトナム
マレーシア
ミャンマー
モルディブ
モンゴル
ヨルダン
ラオス
レバノン
韓国
香港
台湾
中華人民共和国
東ティモール
日本
北朝鮮
(日本語表記順)

日本はアジアの一員として、全ての国と協力して行こうとしているが、これらの国の中で、日本に敵対しているのは、中国・韓国・北朝鮮の3ヶ国だけだ。
中共から多額の援助や賄賂を受けている集団や個人、在日朝鮮人、共産主義・社会主義万歳という集団に属する者達は、中国や朝鮮の発言が全アジア諸国の総意であるかのように喧伝するが、実際にはこれだけ多くの国が「アジア」という地域にあり、過半数どころではなく、殆どの国々が親日もしくは中立だ。
東南アジア諸国には大戦中に戦争に巻き込まれた国も多いが、60年も前に起きたことを政治の道具にする卑劣なことはしていない。むしろ、最近の中国による恫喝によって心ならずも批判めいた発言を強要されるまで、友好的に協力して行こうという発言が殆どだった。

地政学的に近いために、中国・朝鮮を重視するという主張は理解できるとしても、そうであればたった3ヶ国を指して「アジア」と呼ぶのはやめ、中国・朝鮮と限定するか中共国とでも呼んでもらいたい。
どうしても呼びたいのならば、「アジア諸国は全て中国の属国である。中国様に従え!」と明確に主張してからにして欲しい。

画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
businesses for sale 4
Well, I just wanted to sign a blog on the first time in my life ...続きを見る
businesses for sale ...
2007/05/23 01:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アジア諸国一覧 猫の遠吠え(2nd)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる