猫の遠吠え(2nd)

アクセスカウンタ

zoom RSS 拉致問題を大きくしたくない韓国

<<   作成日時 : 2006/06/09 16:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

金英男さんの母らが会見 今月末にも面会予定,

特筆すべきは、韓国の拉北(拉致)者家族会の崔成龍代表が、韓国政府の意向でこのようなことを主張していることだ。

「息子に会いたいという母親のどこが悪いのか。送還問題は次の段階だ」

ここまでは判らなくも無い。

しかし、
「日本の拉致問題の団体が英男さんの家族の平壌行きに反対していることには、訪日時に疑いを持ったが、その団体は日韓の歴史問題を歪曲している団体だった。彼らはわれわれを政治的に利用している

政治に利用しているのは韓国政府だろう。
というより、北朝鮮に踊らされているのは韓国政府と言ったほうが良いか。

何のことだか理解出来ない人のために説明を。
1.朝鮮で面会しても、本心からの発言は一切期待出来ない。
  そのような状況下で面会すると、「今の生活に満足しているので帰国しない」と
  本人の口から言わざるを得なく、それで事件は打ち切りとなってしまう。
  これでは解決にならない。
2.「太陽政策」をとる韓国政府としては、北朝鮮をあまり悪者扱いしたくない。
  北朝鮮が崩壊すると、受け入れる側の韓国までが崩壊の危機になるからだ。
3.韓国政府は北朝鮮に拉致されたのではなく自らの意思で行った裏切り者として扱っていたため、残された家族に対してもスパイ扱いをしていた。
  拉致されて途方に暮れる家族に追い撃ちを掛け続けていたのだ。
  その事実を認めたくない。
4.韓国政府としては、日本は全て悪であるとしているため、
  共闘などすることは政府として好ましくない。

日本でも社会党(社民党)がずっと北朝鮮を擁護してきたため、拉致問題が何十年も捏造扱いされてきたが、事実を突きつけられて大人しくなったことで、やっと政府としてきちんと対峙出来るようになった。
しかし、韓国は与党自体が否定してしまっているため、このままでは解決することは望めない。

まだまだ長い闘いになりそうだ。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「拉致問題を大きくしたくない韓国」について
「拉致問題を大きくしたくない韓国」について 韓国のハンナラ党は拉致問題には攻撃的である。ウリ党は消極的である。やはり反共の精神は変わっていない。 ...続きを見る
小山内翔龍のつれづれ俳日記帳
2006/06/09 21:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
何時まで待てばええのやろ
横田御夫妻お気の毒でんなあ
めぐみさんお元気でおられるちゅうのに
何で会わせてやらんのか、わて北朝鮮に
腹が立ってむかむかしてくると
けつの穴がかゆうてかゆうて
どうしょうもないんですわ。
屁こくと直るんですが、そう
やたら屁は出るもんやないし
困ってますのや、そやから
横田めぐんみさんに
1日も早う帰って来てもらうことを
願ってますのや。
屁こけ屁こけこきまくれ
みんなで屁こきまくってめぐみさんを
取り戻そう。
 

かんぺい
2006/11/18 16:45
経済制裁強化

みんなでパチンコ屋に行って屁こいたったらええんや。
みんなで屁こきまくたったら客はみんな逃げてくでー
そしたら北朝鮮へパチンコの金が行かんようになるから
ええんとちゃうか。 どや、ええこと言うやろ。
あんぽんたん
2006/11/24 15:03
名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 13:01:09 ID:qVrOwldd
拉致被害者はいつまでたっても拉致問題が解決していないなどと主張しているが
お前らいい加減にしろ!!
確かに拉致はひどいかもしれないが、拉致問題について北朝鮮はある程度努力している。
そしてもうすでに解決している。
嘘ついてるとか何の解決にもならないなどと主張し続け北の面子をつぶし、北を暴走させているのだ。
お前ら拉致被害者は日本や日本人を盾にとり危険にさらし自分たちの利益の最大化を図ろうなどとたくらんでいる。拉致被害という個人的問題を国家の問題のようにさせ日本人を危険にさらしているお前ら、最低だよ。
拉致問題はすでに解決済みだ。それにお前らだけが被害者か?いろいろな意味の被害者はそこらじゅうにいる。 調子に乗るな。

名無しさん
2006/12/04 12:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
拉致問題を大きくしたくない韓国 猫の遠吠え(2nd)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる