猫の遠吠え(2nd)

アクセスカウンタ

zoom RSS 初めて侵略した国は日本だと嘘をつく

<<   作成日時 : 2006/05/23 20:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

19世紀末までずっと中国の一地方に過ぎなかった朝鮮が、初めて独立国として成り立ったのは、日清戦争後の講和条約(下関条約)によって、
【第一条 清国は、朝鮮国が完全無欠なる独立自主の国であることを確認し、独立自主を損害するような朝鮮国から清国に対する貢・献上・典礼等は永遠に廃止する。】
と定められたからだ。
日本からの莫大な援助を得、また非常に優秀な人材が居たにも関わらず、李氏朝鮮は私利私欲を満たすことを優先し、近代化は遅々としてすすまず、まったく自主自律した国にはなれなかった。
欧米列強が周辺の国々を侵略するなか、日本はついにしびれを切らし、韓国を併合した。

事実上中国の一地方に過ぎなかったことや、日本が援助しなければ全くの未開国であった事実は一切認めず、あろうことか悲願の独立を助けた伊藤博文を悪人扱いするなど、とても文明国のすべきことではない。
とにかく何が起きても悪いのは日本だと言えば済む状態は、偽政者にとっては非常に都合がよく、日韓で真の友好など永遠に結べないと覚悟したほうが良い。
真実を語ろうとすれば全て親日派扱いで徹底的に弾圧される状態では、自浄機能は全く期待出来ない。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「初めて侵略した国は日本だと嘘をつく」について
「初めて侵略した国は日本だと嘘をつく」について あの馬鹿瓢箪ウリナラ大統領は親日派だけでなく野党の政治家を粛清し北朝鮮の金正日政権にならいノムヒョン王朝を築き北の部分は金正日が南の部分がノムヒョンが支配しそこで南北が朝鮮半島を支配しようと考えている。 ...続きを見る
小山内翔龍のつれづれ日記帳
2006/05/24 01:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
初めて侵略した国は日本だと嘘をつく 猫の遠吠え(2nd)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる